さけ袋のブログ

ちょっと人に話したくなるお酒の知識

竹鶴の想いが込められたウイスキー【スーパーニッカ】

お酒に関する内容を含んでいます。
お酒は20歳になってから

 

皆さまこんばんは。


さけ袋のお時間です!


本日は意外と飲む機会が少ないこちら。

 

f:id:nukabukuro:20240529154103j:image


『スーパーニッカ』


ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が、亡き妻リタへの追悼と感謝の意を込めてつくった銘柄です。

 

 

ボトルの形が特徴的ですね!

 

 

 

スーパーニッカ

 

飲み進める前にスーパーニッカについて簡単に探ってみましょう!


スーパーニッカ1962年に発売されました。


ニッカウヰスキー創設者の竹鶴政孝が1961年に亡くなった妻のリタへ捧げるために、息子の竹鶴威(たけし)と共につくりあげました

 

f:id:nukabukuro:20240529154450j:image


アルコールに香料と着色料を加えた安価な偽物ウイスキーが人気の時代に、妥協せず本物のウイスキーとしてつくられました。


当時は生産数が限られており、年間1,000本程度でなかなか店頭に並べられることはなかったそうです。

 

幻のウイスキーとまで言われていたそうです!


1980年代には量産体制も整ったことで、継続的に販売されるようになりました。


スーパーニッカといえばボトルの形が特徴的です。

 

f:id:nukabukuro:20240529154434j:image

 

アラジンの魔法のランプみたい。

 

僕もそれを連想してしまいます!

 

このボトルの形にもしっかりとした理由があり、ウイスキーが熟成するまでには何年もかかる。大きくなった娘を嫁にやるのと同じだから、立派な衣装を着せてやりたい』という竹鶴政孝ウイスキーに対する愛が込められています。


現在は機械で製造されていますが、当時は型を使わずに1本ずつ手で作られる手吹きでボトルが作られていたので、安価なウイスキーが300円台で買えた時代に3,000円という値段で販売されていました。

 

中身もボトルも一切の妥協なし!!


現在のスーパーニッカは『新樽熟成の宮城峡モルト』と、『熟成感のある余市のライトピートモルト』、蜂蜜のような甘さをもつ『カフェグレーン』をブレントしてつくられています。

 

ちなみに、現在のスーパーニッカは海外の原酒もブレンドされているので、日本洋酒酒造組合が定める『ジャパニーズウイスキーの定義』には当てはまりません。

 

 

 

ラインナップ


今回僕が購入したのは500mlのボトルですが、2024年5月現在、スーパーニッカは3種類のラインナップがあります。

 

  • 700ml
  • 500ml
  • 50ml

 

180mlあたりがあればもう少し試しやすい気もしますね!


スーパーニッカはボトル以外にも水割りされた『スーパーニッカ&ウォーター』が300mlの瓶と缶タイプで販売されていましたが、現在は終売しているようです。

 

f:id:nukabukuro:20240529154915j:image

 

瓶のタイプは未だにスーパーやコンビニで売ってるところを見ます!

 

では実際に飲んでいきましょう!

 

テイスティング


今回はストレートハイボールテイスティングしました。

 

Details

【スーパーニッカ

《度数》43%
《原材料》モルト・グレーン

 

まずはストレートからです。

 

f:id:nukabukuro:20240529154931j:image

 

色味は少し薄めの琥珀色です。

 

・香り


少しアルコール感もありますが、はちみつの甘い香りが特徴的で、少しフルーティーな要素もありました。


若干の香ばしい樽の香りも感じましたが、それほど強くはありませんでした。

 

・味わい


口当たりはまろやかで、はちみつの優しい甘さが広がり、少しフローラルさもありました。


余韻は長くありませんが、少しビターでウッディーな要素も感じました。


個性がかなりある方ではないですが、思っていたよりストレートでも楽しめました。

 

 

お次はハイボールです。

 

f:id:nukabukuro:20240529154950j:image

 

・香り


ハイボールになると香り立ちはそれほど良くないですが、ほんのりと甘い香りを感じました。

 

・味わい


ハイボールでも口当たりはまろやかで、はちみつの優しい甘さ、りんごのようなフルーツ感も感じました。


余韻は少しビターさもありますが、全体的にすっきりしていて、ライトな味わいでした。

 

まとめ

 

f:id:nukabukuro:20240529155030j:image


今回は『スーパーニッカ』を飲んでみましたが、ハイボールは食中酒でもおすすめできる味わいでした。

 

個人的には水割りで飲むのが好きですが、ハイボールもすっきりしていて美味しかったです!


イメージ的にはハイニッカに熟成感を足して、よりまろやかに仕上げたように感じました。


構成原酒に余市のライトピートモルトを使用しているとのことでしたが、それほどスモーキーさは感じませんでした。


同じニッカなら、シングルモルト『余市』や『宮城峡』、『フロムザバレル』などが人気だと思います。


あえて買わない銘柄だと思いますが、歴史の長いスーパーニッカは優しい味わいで1日の終わり、くつろぐ時間にぴったりです。


では最後に今回の『ちょっと人に話したくなるポイント』です。

 

ちょい話 POINT
  • 竹鶴政孝が妻のリタへの追悼と感謝を込めてつくった銘柄
  • 1962年に発売された
  • 発売当時は手吹きでボトルが作られていた

 

皆さまも是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 
では。

 

 

 

 

 


 

 
 

更新情報や、日々のつぶやきを発信しております!

フォローよろしくお願いします!

 

 stand.fmで毎週木曜21時にフリートークを配信しております!

 

 応援よろしくお願いします!

Amazon欲しいものリスト